趣味は音楽。

アクセスカウンタ

zoom RSS 高級木材

<<   作成日時 : 2009/04/21 09:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日、楽器屋のこととか書いていて思い出したのだが、量産品、準量産品の顎あてに最高級黒檀とかを使うのって、やめにしたほうがいいと思うんだよな。顎あてというのは、本当に人それぞれ、もしくは最低限タイプ別に違うのが必要で、その違いがどれぐらいのバリエーションがあるのが望ましいかというと、人の顔がそれぞれに違っていて、その類型ぐらいの種類は必要である。人の意識って、人それぞれ顔が全然とが違うのに、顎や首周りの形状は大して個人差がないないと思ってしまうのです。いい加減なものなんです。自分もそうだったからあまり人のことは言えないのだが。そうじゃないんですね、少なくともそれぞれの顔の違いに見分けがつくぐらいに、首周りも一目でわかるぐらい全然違う形をしているのです。
 平均値の顎あてが合わない人というのがどれだけいるのかというと、リンク集に乗せたViolinist in Balance の映像中で、参加者が「私みたいに悩んでいる人はそこかしこにいる」みたいな事を言っている。そこまで深刻にずれていなくとも、プロオケの奏者を見てたって、あのお皿を、想定されている(と思われる)ように使っている人なんて、数えるほどしかいませんよ。

 で、まあ、量産品の顎あてというのは、その点、平均値でものを考える必要があるから、要は殆ど誰のためでもないようなシロモノで、性能が十分に発揮されることは、ほとんどないんじゃないかと思う。「有名演奏家は誰だってそれでこなしているじゃないか。道具のせいにするんじゃない」とか言われそうですけど、いやいや、それは話が逆で、音楽的才能に加えて、既存の顎あてを使って問題なくポテンシャルを引き出すことが出来たから、言い換えれば顎あてに邪魔されなかったから、そういう存在になれたのだと考えるのが正しいのです。

 話が飛びまくってますが、つまりそういう、十分に使いこなされる確率が低い・・・つまり言ってしまえば間に合わせにしかならない道具に、そんな高級木材が使われているのが、やりきれないのですね。真黒黒檀なんて、小さい角材ですらあっという間に売り切れるし、まして顎あてに必要な6センチほどの幅があるものなんか、どれほど手に入るんだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高級木材 趣味は音楽。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる