趣味は音楽。

アクセスカウンタ

zoom RSS メニューイン

<<   作成日時 : 2009/05/12 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 少し前に、正確な演奏とかcogniton がどうこうとか書いたが、そのような意味での正確さ、頭の中の音楽と演奏として出てきた音楽の間の距離が非常に近いのではないか、という風に思われる、そういう演奏をするのがメニューインとういう人である。





これらを聴いていると、頭の名から直接出てきたものを、そのまま耳にしているような、もっといえば、こちらの頭の中まで何の障害もなく音楽が伝播されているような感覚さえある。

 こんなことを考えながら、The Art of Violin を見ていたら、メニューインの演奏の直接さについて、パールマンが似たようなことを言っている。これはもしかして、わし、これを見てそのまま自分の意見のつもりで言っていたのかもしれない、という疑惑が浮かび上がる。パールマンは「直接心に〜」みたいに言っているが、この heart to heart という感じはわし流に言えば head to head ということなので、殆どただの言い換えに近い。
 こうした内容のことは、自分自身でさえ欺いてしまえるもので、自分でそう考えるにいたったのか、ただ他人の思考をなぞってしまっただけなのか、もはや判定できない。ただ、後者であるとするのはやりきれないので、そうでないこを自分にも証すために、新しいことを言っておかねばならない。

 これは多分知る限り誰も言っていないことだと思うが、メニューインの演奏には、彼が、バイオリンという楽器を弾いている、ということを、忘れさせるような不思議さがある。我々は普段、何か言葉を発するとき、話し手も聴き手も、それが言葉であることを意識しない。ただその内容に、耳を傾ける。これによく似ている。
 いくらかの奏者については、これこそバイオリンの音だ、という賞賛すべき美質を見出すこと、聞き分けることが可能である。例えばミルシテインなど、バイオリンとはこのように音を出すものなのだ、という説得力が、演奏の端々に現れていて、こちらは聴きながらそのことに気付いているし、そのことに恍惚感すら覚えるほどである。
 しかしメニューインの演奏の場合、強力に演奏に惹きつけられながら、楽器がどのように鳴っているのか、とか、そうしたことに対するこちらの注意が、不思議と抜け落ちてしまっていることに、ふと気付くことがある。聴く側のそうした注意力を強制的に解除して、自分が表現しようとしている音楽、自分の感じている音楽を聴き手にも無理やり共感させるような、そんな不思議な力があって、こちらはいつの間にかその重力の中に取り込まれてしまっている。
 そうした共感を喚起する能力の持ち主というのは、霊媒体質というか、トランス的な精神状態を想像させるものだと思うが、しかし、『Violin of the century』や『Concert Magic』などのドキュメンタリーを見ていても、まあ別に見なくても判るが、彼自身は、自分のしている事を俯瞰できる、非常に conscious な人間のようである。

 一見すると、非常に矛盾しているように思うが、しかし、演奏という行為が抱える本質的な矛盾というものを考えると、むしろメニューイン現象は、その矛盾と非常に整合性が取れているともいえる。
 なにか訳がわからないことを言っているようであるが、その本質的な矛盾とは、先日の cognition やら正確さと関わることだが、いわゆる observer's paradox、観測者の矛盾である。つまり、観測するという行為そのものが、対象に影響を与えてしまうため、厳密に客観的な観測は不可能である、ということで、意識的な演奏についても同様のことがいえるはずである。
 普通の人間の場合、頭の中に流れる音楽を取り出そうとして、実際に楽器を演奏すると、自分で出したその音に引きずられて、頭の中の音楽の姿も変化してしまい、意識的な方法では、決してそれを捕まえることができないし、元々いた場所に戻ることも出来ない。
 ところがメニューインの演奏については、少なくともこちら側の目と耳には、そのような葛藤が生まれているようには見えない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
メニューイン 趣味は音楽。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる