アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「エネスコ」のブログ記事

みんなの「エネスコ」ブログ


エネスコ回想録

2009/05/28 02:48
 隣市からの取り寄せを県立図書館に頼んでおいた『エネスコ回想録』が届いて、早速読んだ。
 序章は良いがその後の初め2・3章ぐらいは、翻訳が拙く、こりゃまずいなと思いながら何とか読み進めたが、その後はむしろしっかりした日本語になり、面白くて一気に読めた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


引き続きエネスコ

2009/05/06 13:56
http://www.youtube.com/watch?v=rvtyQY9YFDI&feature=PlayList&p=60FE21BFE76C1140&index=7

相変わらずエネスコが気になって仕方ない。伝記まで注文してしまった。入荷次第発送らしいが、全然音沙汰なし。


George Enescu: His Life and Music
Toccata Pr
Noel Malcolm


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




エネスコの曲は、ルーマニア狂詩曲とクレメラータ・バルティカの8重奏曲とかしか聴いたことがない。
こうしてエネスコ本人の演奏を聴いてみると、クレーメル版はやはり個性的すぎてあまり参考にならないらしい。それはそれで凄いんだけども、どうもね。ピアソラ編曲だけの事ではなかったらしい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エネスコのバッハ無伴奏

2009/04/10 07:33
昨晩見つけた。これは転調後。




やあ、いいね。完全に聴き入ってしまった。一瞬で惚れました。

どの声部にも一貫性があって、音楽の流れが破綻することがない。楽譜上で明確には示されないベースラインも例外ではなく、アルペジオの最低音さえも、ラインとしての持続が途切れず、舞曲のリズムも息づいている。

あと、これはミルシテインでもそうだが、3音および4音の和音の崩し方が物凄く巧い。前打音的に処理しなければならない音が、ラインの要求するリズムに対して、余計なリズム的アクセントを加えていない。(ハイエッツなどと比べてみると良い。)


-------------------------------------------------
ところで、検索していたらこんなの見つけた。
http://www.geocities.jp/shumijinn/inisie.html
LPが300万て・・・。まあでも、気持ちだけなら解らなくもないかな・・・。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「エネスコ」ブログ

趣味は音楽。 エネスコのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる